日記などなど


by deisel0818

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
日記
未分類

以前の記事

2015年 10月
2015年 09月
2011年 11月
2011年 10月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

坐骨神経痛の症状
at 2015-10-03 10:55
坐骨神経痛の予防策
at 2015-10-02 10:54
睡眠って大事だよね。
at 2015-09-06 15:06
冷え性の原因ってなに?
at 2015-09-06 07:05
冷え性の改善方法など
at 2015-09-05 11:05

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2015年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

坐骨神経痛の症状

坐骨神経痛の症状は実に様々ですが、
主に、尻部、太ももの裏からすね・ふくらはぎに
痛みを感じるケースがあげられます。


坐骨神経痛は他の症状と併発して
おこることが特徴的なため、腰の痛みも
同時に伴うことも多いです。


痛みと同時にしびれやつっぱりを感じることも
坐骨神経痛の症状の1つですが、椅子から立ち上がろうとしたり、
歩いている時になんとなくつっぱりを感じる場合には
坐骨神経痛の症状をうたがう必要があります。


また、坐骨神経痛は
ぎっくり腰や椎間板ヘルニアのような激痛を伴う
はっきりとした痛みではないため、特に初期の場合には
何となくいつもとは違う「違和感」程度であり、
中高齢者になると、加齢による筋力の衰えと自己判断
してしまったりと、この段階で医療機関等に受診する方は
とても少ないのが特徴です。


この症状が進行してくると、違和感から確かな痛みへと
自覚したり、しびれやつっぱりの範囲が下肢部へと
拡がっていきます。これは、神経を圧迫する強さが
次第に増している証拠でありますので、決してそのままに
せず医療機関での診察を早急にする必要があります。


このように坐骨神経痛は
初期症状では非常にわかりにくい症状である点から、
日頃から坐骨神経痛への知識を持っているだけでも
ちょっとした違和感でも気づくようになりますので、
きちんとした認識を持つようにしていきましょう。
[PR]
by deisel0818 | 2015-10-03 10:55 | 日記

坐骨神経痛の予防策

坐骨神経痛は日々の生活での予防策を
とることが大切です。特に腰に負担のかかる作業や
激しいスポーツをしているなどは特に意識して予防に
つとめていくことをおすすめします。

<ストレッチ>

坐骨神経痛予防として、有効な手段として考えられるのが
ストレッチです。考え方としては、

1.筋肉に疲労をためないこと
2.筋肉の柔軟性を保つこと
3.姿勢をととのえること

が目的です。できれば1日1回、風呂上りに15分程度でも
よいので、背中や腰を伸ばすことを意識してストレッチを
行うことが有効となります。


<ツボの刺激>

自分でできる予防法としてはツボの刺激もあります。
神経のコリやハリの軽減、そして血行促進へとつながります。
坐骨神経痛に効くといわれているツボは、

1.承扶(しょうふ)・・・臀部と足の付け根付近
2.丘墟(きゅうきょ)・・・くるぶしから足の甲
3.殷門(いんもん)・・・太もも裏

といったものがありますが、こうしたツボを刺激する際は、
あまり強すぎない程度(痛気持ちいい)の刺激にとどめること。
何より継続して行っていくことの方が効果的と言えます。


<食生活・睡眠時>

あまり意識が向かないのが、食生活です。
というのも、直接的に痛みを取り去るわけではないからでは
ないでしょうか。しかし、栄養バランスの良い食事を摂取することは、
骨や筋肉を作る上で非常に重要であることを考えて下さい。


そして、食生活の改善と同等に考えるべき睡眠です。
良質な睡眠をとることは、副交感神経のはたらきを高め、
日中に疲労した筋肉の回復にも影響してきます。


これら日常の生活改善が、ストレッチなどにも相乗効果を生み、
結果として坐骨神経痛への予防・改善促進へとつながっていくのです。
[PR]
by deisel0818 | 2015-10-02 10:54 | 日記